Category 製品情報

New EDGE BOARD

CARBON MODEL
まずは先日もお知らせしたカーボンモデル(ハードフレックス)です。ボードのシェイプに変更はありませんが、フロントボードのキックポイントを40mmほど前方にしてよりエッジ長を伸ばすことで、さらにカービング性能がアップしました。

ASPEN MODEL
そして、製造が遅れていたアスペンモデルがようやく完成しました!こちらのモデルもシェイプには変更はありませんが、今まで使用していたアスペン&バンブーのコア材からバンブーを取り除き、従来のモデルよりやや硬めのミディアムハードフレックスに変更しました。

ソールは従来通りP-TEX4000(シンタード)を使用。今シーズンから見えない所にもさらに気を使い、ソール面はロゴのダイカットを含め美しい仕上げになりました。

SHARK Complete

Complete / 完成車 (Matte turquoise blue)

Complete / 完成車 (Matte khaki)

Complete / 完成車 (Matte black)

Combination / コンビネーション (F : Super fish  R : Shark)

Combination / コンビネーション  (F : Shark  R : Super fish)

Complete / 完成車 (シートブームを外し、別売りのトップチューブガードを装着)

SUPER FISH Complete

Complete / 完成車 (Matte black)

Complete / 完成車 (Matte turquoise blue)

Complete /完成車 (Matte khaki)

Complete / 完成車 (Seat boom down)

Complete / 完成車 (Side View)

Combination / コンビネーション (F : Super fish  R : Shark board)

Combination / コンビネーション (シートブームを外し、別売りのトップチューブガードを装着)  

申請許可が降りました

フランスの特許庁に今年の3月頃から申請していた「The day SUPER FISH」のピンテールデザイン登録が完了しました。

シューズとデッキ幅の関係

ユーザーのリクエストにお応えし、TYPE-Ⅲフレームにスノトレシューズ(少しへたり気味)を載せてみた。ちなみにシューズサイズは28cm(10inch)で最大幅120mmくらいです。

シートブームを上げた状態でデッキにシューズを載せると、デッキ幅250mmに対し120mmのシューズであればジャストサイズになります。

シートブームを下げた時でも窮屈感はありません。

シューズの後方はトップチューブの溶接箇所になりますが、うまいことに人間の踵も細くなるので窮屈さは感じません。

今回のリポートはシューズサイズが28cmのため、これ以上でかいシューズの時は当然横幅も違ってきますね。恐らくですが、シューズサイズが26〜28cmくらいのシューズが一番フィットするかもしれませんね。

ニューモデル画像

SUPER FISH Complete (Matte Khaki)  シートブームを装着しない時は、別売りのトップチューブガードをご利用下さい。
SHARK Boards set 
SUPER FISH Complete (Matte Black) 
今シーズン登場したTYPE-Ⅲ Frameにはアンチスキッドピン(20本)が標準装備されます。
パーツカラーにおいては、今後変更になる場合があります。あらかじめご了承下さい。

フレームチェック完了!

最終フレームチェックが完了し、これから仕上げのペイントです。つーかすでに行っています。
ウエイト的にはフレーム2.5kg、フォーク1.04kg合計で3.54kgになります。
不評だったリーシュコードはこんなのに変更しました。
フレーム幅は250mmのナロータイプになりました。
画像にはありませんが、ハンドルバーはアルミ製の9.25inch(23.5cm)でライダーの好みの幅にぶった切れるよう770mmにしました。バーの幅はライダーの好みになりますが、目安としては身長160-170cmの人で720-740mm、170-180cmの人なら740-760mm、180cmm以上の人は770-800mmくらいが最適です。また使用するボード幅によりサイズダウンするのもアリですね。 (広いボードになればワイドなバーの方が楽にハンドル切れますよ。)

18-19SUPER FISH コンプリート

大変お待たせしました。今シーズン登場する「スーパーフィッシュコンプリート」です。
昨年モデルとの違いはTYPE-Ⅲ(フレーム幅250mm)フレームに進化。ボードは絶大な存在感とポテンシャルを誇るパウダーボード「SUPER FISH」を標準装備。パウダーのみならず、ピステンバーンでのカービングも一級品です。またもう一つの特徴としては、スノーバイク初の”コンビネーションシステム”を採用。今シーズン同時発売されるスーパーカービングボード「SHARK」との組み合わにより4つパターンの滑りが楽しめる画期的なモデルに進化しました!

New EDGE

SUPER FISH、SHARKに続き来シーズンのNew EDGEフレーム&ボードバリエーション(予想イラスト)になります。ボードはただ今コア材の変更や製造手法などを調整中です。一応トップシートには天然のバンブー素材(イラストではブラウンボード)を生かしたものと、カーボン(イラストではブラックボード)を使ったものを予定していますが、もしかすると全く違うものになるかもしれないのでご了承下さい。
またフレームについても同様にさらにポテンシャルを引き出すためのマイナーチェンジを施す計画です。 Read More

SUPER FISH & SHARK

来シーズンのフレームはこんなカラーバリエーションを予定しています。確定は3月下旬くらいになりますね。
どのフレームもSUPER FISHとSHARKのネイビー(コアシースルー)にマッチする色にしてみました。

Read More