Archive for 12月, 2021

年末のご挨拶及び年末年始休業のお知らせ

今年も残すところあと僅かとなりました。この一年、変わらぬご愛顧を賜り心より厚く御礼申し上げます。
皆様におかれましては、くれぐれもご自愛頂き、希望の新春を迎えられますことを社員一同心よりお祈り申し上げます。
来年もより一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。年末のご挨拶に代えさせて頂きます。
誠に勝手ながら下記の期間、営業をお休みさせて頂きます。
2021年12月30日(木)~2022年1月3日(月)
株式会社エス・エイ・アイ

Notice of year-end and New Year holidays
There are only a few left to leave this year. We would like to express our sincere gratitude for your continued patronage over the past year. We sincerely pray for all of you to have a new year of hope. We look forward to your continued patronage next year.
We will be closed for the following period.
December 30, 2021 (Thursday) -January 3, 2022 (Monday)

新規取扱店のご案内

山形県の老舗モーターサイクルショップ「オートランド嶋屋」でスノーモトの販売がスタートしました。嶋屋さんでは長年スノースクートの販売を行ってきたプロショップですが、昨シーズンに店長自らライディングテストを行いスノーモトを高く評価頂き、この度取引がスタートしました。残念なことに東北エリアにはスノーモトのプロショップが無いため、山形県のライダーだけでなく近県にお住いの方は是非一度嶋屋さんにお問い合わせ下さい!ちなみに店長はSESSION 69/270に乗られています。

21-22スノーモト価格改定のご案内

拝啓
時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、先般よりご案内しておりました21-22スノーモトの入荷につきまして、皆様方に大変ご迷惑とご心配をお掛けしており重ねてお詫び申し上げます。また先の案内にもありました通り、日本への輸入に際し資材関連費用の上昇と中国からの輸送費用の高騰によりボードレスキットを除き販売価格の改定を実施させて頂くことになりました。
日頃よりご愛顧を賜っております皆様方には大変申訳ない価格改定ではございますが、何卒ご理解頂きますよう心よりお願い申し上げます。
敬具

21-22 Snowmoto Frame has arrived!

大変遅れていたスノーモト21-22フレームが昨日到着しました。あとはボードの到着を待ちます!


Gravity  69/270 リアトラック幅がスノーモトでは最大の270mmとワイド仕様になっています。230mmや150mmフレームと比較した場合、リアボードのしなりや撓みは減少しますが、その分パウダーや不整地では安定したライディングとゆったりとしたクルージングをお楽しみ頂けます。また、トップチューブデザインは今シーズンからSラインデザインを採用しフレーム全体の剛性を高めています。


Gravity 69/230 リアボード の前後のしなりや撓みも感じながらもオフピスト、オンピストでも安定感のあるライディングがお楽しみ頂けます。


Gravity 69/230 5、6シーズン振りに復活したロウカラーフレーム。磨きをかけて仕上げているので他と比較しても美しいフレームになっています!

Freestyle 72/150 Mr.カーブマンモデル! 圧雪メインに滑りたいライダーにお勧めします。このモデルの特徴としては、トラック幅を150mmにすることでボードのしなりと撓みを最大限に使ったカービングターンを可能にしました。また、ヘッドアングルを立てることにより、懐に余裕ができることでカービングターンやトリックプレーでフレーム操作の自由度がアップします。


オプションパーツのPPパウダーガードは、フライングフィッシュNeoやスーパーフィッシュ 340などのパウダーモデルに標準装備されています。


アクセサリーパーツとして別売りのスノープロテクションパッドを作りました。各モデル毎にサイズが異なります。

21-22モデル製造情報について

お客様各位

日頃よりスノーモトをご愛顧、ご支援賜り誠に有難うございます。さて、10月下旬にスノーモトの製造遅延に関するお知らせをさせて頂きましたが、その後の状況につきまして新たな情報が入って参りましたのでご案内させて頂きます。

ボード製造につい
前回の報告では11月末には完成する予定と報告させて頂きましたが、残念ながら製造が遅れています。工場ではすでにコア材のカッティングとトップシートの突き板へのプリントが完了したようで、これからラミネート作業等の最終工程を残すのみとなっています。この後順調に進めば今月末には全てのボード製造が完了し、来年1月上旬には日本に到着する予定で作業を進めています。
フレーム製造について
フレーム及び関連パーツにつきましては、12月9日に山梨に到着します。
その中でハンドルバーとステムの製造が大幅に遅れているためお客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、弊社の在庫するバーとステムを代替品として用意させて頂きます。ハンドルバーのサイズ・マテリアル(8インチ、9インチ、9.25インチ)やステムカラーにつきましては各販売店様に一任し、本来装備されるハンドルバーとステムが到着次第返品交換させて頂きます。
販売価格の見直しについて
世界的な資材不足による値上げと原油価格の高騰による輸送費用の引上げにより、販売価格の一部見直しを検討しております。弊社としては出来る限り現在の販売価格を維持できるよう引き続き努力する所存です。
皆様方には納期の遅延のみならず価格改定と大変恐縮ではありますが、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます