Archive for 4月, 2015

’15/16モデルのフレームカラー

STANDARD(標準)
モデル:MARVELOUS・XTREME・EDGE カラー:オレンジ&ホワイト デカール:ブルー 
orange
STANDARD(標準)
モデル:MARVELOUS・XTREME・EDGE カラー:ブラウン&ブラック デカール:ブルー
brown
EXPEDITION(ショート)
モデル:MARVELOUS・XTREME カラー:オレンジ&ホワイト デカール:ブルー 
orange_short
EXPEDITION(ショート)
モデル:MARVELOUS・XTREME カラー:ブラウン&ブラック デカール:ブルー
brown_short
※’15/16モデルではトップチューブ下にあったデカールがフレームの左右に貼られます。
※ステムカラーは、アルマイトオレンジ、アルマイトブルーを予定しています。
※ハンドルバーは、各モデルにごとにCP(クローム)ホワイトとブラックを予定しています。
※ADVANCEのフレームカラーは、ブルー、ブラックの2カラーとなります。
※ADVANCEのハンドルバーはブラック、ステムはロウとなります。


’15/16モデルのフレームあれこれ

名称未設定 1先日’15/16最終製品サンプルフレームの画像をアップしましたが、今日は具体的にどこがどう変わるのかについて、もう少し詳しくご案内致します。今回’15/16モデルの開発コンセプトは「Slim & Light」!いかに高剛性を維持向上しながら軽量化できるかの研究と強度テストを、The dayの生みの親でもあるボードシェイパー「TaQ Inoue氏」にも協力頂き、弊社クルーやサポートライダーが昨年末から繰り返し行ってきました。その結果’15/16モデルとしては、2タイプのフレームをリリースする予定です。
まずスタンダード(画像/上)タイプのフレームは、MARVELOUS(マーベラス)、XTREME(エクストリーム)、EDGE(エッジ)の3モデルに設定されます。そしてNewフレームの重量としては、個体差にもよりますがトータルで5,675g(ボード除く)くらいなります。具体的には、フレームの骨格ともいうべきダウンチューブをΦ32に変更。それに合わせトップチューブもΦ38にサイズダウンして全体的にスリム化したフレームになります。また、スノーモトの特徴の一つでもあるボードトラックは、パウダーや非圧雪バーンで安定した滑りを実現するため10mmローダウン。フレーム幅(280mm)はダウンチューブが細くなった分、デッキプレートを広げドット型の肉抜きに変更しました。そしてフォークは、シーズンを通し強度テストを行ってきた1ピースのCNCアルミコラムに変更されます。さらに、シートブームにも肉抜きを追加して軽量化しました。
Read More


’15/16SNOWMOTO最終製品版フレームが到着!

名称未設定 1名称未設定 3すでにフェイスブックではご案内していますが、遅れていた最終製品版フレームがようやく到着しました。フレームは従来のデザインを踏襲しながら軽量化を目指したスタンダードタイプと、無駄なパイプを取り除きさらに軽量化したショートタイプの2モデルです。’15/16モデルとしてはおそらく多少の修正があるものの、これが製品として登場する予定です。’15/16ボードの方は一足先に新潟、長野でお客様にも試乗頂き、どのボードも大変高い評価を頂く共に、その場で購入を決めるお客様が数人おられ大変有益な試乗会でした。フレームの方も、これから各販売店のクルーの方やお客様にコンプリートモデルとして試乗をして頂こうと思います。
今回’15/16モデルの開発にあたり、私たちがテーマにしたコンセプトは「Slim & Light」!いかに高剛性を維持向上しながら軽量化できるかの研究とテストを、The dayの生みの親でもあるボードシェイパー「TaQ Inoue氏」をはじめ、弊社クルーやサポートライダーが昨年末から行ってきました。その結果、フレームに使うパイプの径や厚みの見直し。デッキプレートの肉向きデザインの変更。そして、フォークコラムのアルミ化(1ピース)などにより、スノーモト史上においてもっとも軽いフレームを作ることに成功し、今回ようやく形となって登場しました。具体的な変更箇所やスペックについては、後日詳しくご案内させて頂きますが、まずはいくつか代表的な画像をアップしたので、是非ご覧下さい。
なおショートフレームにつきましては、今後販売店様のご意見や感想を頂きながら限られた台数のみ販売させて頂く予定です。