19-20SUPER FISH & SHARK

19-20モデルとして登場するスーパーフィッシュとシャークはボード仕様に変更はありませんが、両コンプリートモデルに使用するフレームは、スティープスロープでも安定した滑りとボードの特性を活かし、さらに高いポテンシャルを引き出すことを可能した「グラビティーフレーム」に進化しました。

◾️ニュー フレーム ジオメトリー
“グラビティーフレーム”は、ヘッドアングルを72°から69°に変更したことにより、路面からの衝撃吸収性が向上し高速滑走時の安定感、クイックなハンドリングフィールから角が取れた様な滑らかなハンドリングを実現しました。更にヘッドアングルを傾斜させたことで急斜面でのコントロールも向上!また、ライディングポジションが約50mmセットバックし、ハンドルとのクリアランスが広く取れフロントボードをよりコントロールしやすい設計になりました。

◾️チューブのサイズアップとヘッドセットの変更
今シーズンモデルからヘッドセットはインターナルヘッドパーツ(圧入式)にアップグレード。ヘッドチューブの拡張化(Φ50)を行いチューブを薄く作ることで軽量化にも貢献。ヘッドセットそのものの耐久性がアップされ、ハンドルのブレを防ぎながらよりスムーズな回転性を確保する二重のメリットを得ることができました。

There is no change in board specifications for Super Fish board and Shark board as 19-20 models. However the frame used for both complete models has evolved into a “Gravity frame” that makes it possible to draw out even higher potentials by taking advantage of stable sliding and board characteristics even with steep slopes.

◾️New Frame geometry
“Gravity frame” the head angle has been changed from 72 ° to 69 °. Therefore the shock absorption from the road surface and realized the smooth handling improved. It improved of stability and control at steep slopes by tilting the head tube angle 69 degrees too. Also the riding position is set back about 50mm and the clearance with the steering wheel is taken widely and it is designed to be easier to control the front board.

◾️Changing to New steering tube size and parts
The steering tube size and headsets style be changes. The headsets will be upgraded to internal head set (Press-fit type) from 2020 years model. Because, It contributes to weight reduction by making the tube thin by expanding the head tube (Φ 50). The durability of the headset itself has been improved and we have gained the dual benefit of ensuring smoother rotation while preventing steering wheel deflection.