19-20KATANA(刀)

スノーボードのアルペンレースではもはや当たり前になったハンマーヘッドボード。全長を抑え有効エッジ長を最大限延ばした形状が、圧倒的なターン性能の向上化に貢献していることは広く認知されています。またそこから派生し、最近人気になってきた”フリースタイルカービング”でも多くのメーカーがハンマーヘッド形状を採用するようになりました。
以前よりスノーバイクの操作性とターン性能において、一歩リードするスノーモトもその技術とテクニックをいち早く取り入れるべく研究を行うと共に、国内外のライダーによるプロトタイプボードのテストを繰り返し行い、ようやくこのカタチに辿り着くことが出来ました。スノーボードのように一本のボードシェイプを真似しただけのハンマーヘッドではありません。スノーバイクは前後二つのボードを使いハンドル操作によるターンが基本操作のため、前後のボードの細かなサイドカーブの組合せ、そしてテストデータを基に再設定したトップ形状と低めハイト。ハンドルを切らずともハンマーヘッド特有の角付けのみで始まる素早く鋭いカービングターンと包み込まれるような安定感はこれまでにない感覚です。
優等生的なオールラウンドボードより尖ったボードが欲しい方、スノーボードの様に深いカービングを刻みたい方に贈るエリート(上級)ライダー用ハイパフォーマンスモデルです!

◾️ ニュー フレーム ジオメトリー
“フリースタイルフレーム”は、スノーモトが長年培ってきたピステンバーンや中斜面で最高のパフォーマンスを発揮するヘッドアングル72°、リアトラック150mmを選択しました。このショートポジショントラックによりリアボードの前後のトーションとベンド性能を最大限享受することで、軽い操作性で小回りの利くターンを手に入れることができます。ここが他社のスノーバイクと大きく異なるポイントで、誰もがその違いを実感することが出来るでしょう!

◾️チューブのサイズアップとヘッドセットの変更
今シーズンモデルからヘッドセットはインターナルヘッドパーツ(圧入式)にアップグレード。ヘッドチューブの拡張化(Φ50)を行いチューブを薄く作ることで軽量化にも貢献。ヘッドセットそのものの耐久性がアップされ、ハンドルのブレを防ぎながらよりスムーズな回転性を確保する二重のメリットを得ることができました。

A hammerhead board that has become commonplace in snowboard alpine races.
The effectiveness of the overwhelming turn performance that comes from a shape that has a reduced overall length and an increased effective edge length is widely recognized. In addition, many manufacturers have adopted the hammer head shape also in “free style carving” which has recently become explosively popular.
In the operation and turn performance of the snow bike from before, One step lead SNOWMOTO also researched to incorporate the technology and techniques quickly, and repeated the tests of prototype boards by riders from home and abroad, and finally reached this form.
It is not just a hammerhead that imitates a single board shape like a snowboard. The snow bike has two boards on the front and back, and the turn by the steering wheel operation is the basic operation, so the top shape and the lower height are reset based on the combination of the fine side curves of the front and back boards and the test data. Even without cutting the handle, the quick and sharp carving turn that starts with only the hammerhead specific horn and the sense of stability like being wrapped are unprecedented.
This is a high performance model for elite (advanced) riders who want a sharper board than a proud all-round board or a person who wants to engrave a deep carving like a snowboard!

◾️ New Frame geometry
The “Freestyle Frame” has a head angle of 72 ° and a rear truck of 150 mm so that it can exhibit the best performance on Pistenburn and mid-slopes with the appearance of a gravity frame from this season.
With this short position track, you can get the small turn with light operability by enjoying the torsion and bend performance of the back and forth of the rear board as much as possible.
This is a very different point from other companies’ snow bikes, and everyone will realize the difference if you compare them!

◾️Changing to New steering tube size and parts
The steering tube size and headsets style be changes. The headsets will be upgraded to internal head parts (Press-fit type) from 2020 years model. Because, It contributes to weight reduction by making the tube thin by expanding the head tube (Φ 50). The durability of the headset itself has been improved and we have gained the dual benefit of ensuring smoother rotation while preventing steering wheel deflection.