19-20BARRACUDA

日本では15-16モデルのパウダーモデルとしてデビューした「パウダーマスター」をリメイク。今でも復活を願うファンの存在もありますが、今シーズン「BARRACUDA」と改名し輸出専用モデルとして登場!ディープパウダーをはじめ、バックカントリー、タイトなツリーランなどあらゆるシチュエーションで万能な動きを発揮するためシャークと66mm、スーパーフィッシュとは140mmも短いレングスをチョイス。さらに、テイルキックを10mmに抑えることでグリップ感もアップしました。コンプリートモデルに使用するフレームは、スーパーフィッシュ、シャークと同様にスティープスロープで安定した滑りとボードの特性を活かすため「グラビティーフレーム」を標準装備しました。

◾️ニュー フレーム ジオメトリー
“グラビティーフレーム”は、ヘッドアングルを72°から69°に変更したことにより、路面からの衝撃吸収性が向上し高速滑走時の安定感、クイックなハンドリングフィールから角が取れた様な滑らかなハンドリングを実現しました。更にヘッドアングルを傾斜させたことで急斜面でのコントロールも向上!また、ライディングポジションが約50mmセットバックし、ハンドルとのクリアランスが広く取れフロントボードをよりコントロールしやすい設計になりました。

◾️チューブのサイズアップとヘッドセットの変更
今シーズンモデルからヘッドセットはインターナルヘッドパーツ(圧入式)にアップグレード。ヘッドチューブの拡張化(Φ50)を行いチューブを薄く作ることで軽量化にも貢献。ヘッドセットそのものの耐久性がアップされ、ハンドルのブレを防ぎながらよりスムーズな回転性を確保する二重のメリットを得ることができました。

In Japan, it remakes “Powder Master” which debuted as a 15-16 model powder model. Even though there is still a fan’s hope for revival, this season “BARRACUDA” is renamed and appears as an export-only model!
Including deep powder, back country, tight tree run, in order to exert all-round movement in all situations, the choice of short length is as short as 66 mm for Shark and 140 mm for Super fish. Moreover, the grip feeling was also improved by suppressing the tail kick to 10 mm.
The frame used for the complete model is standard equipped with a “gravity frame” to take advantage of stable slip and board characteristics with steep slopes like Super fish and Shark.

◾️New Frame geometry
“Gravity frame” the head angle has been changed from 72 ° to 69 °. Therefore the shock absorption from the road surface and realized the smooth handling improved. It improved of stability and control at steep slopes by tilting the head tube angle 69 degrees too. Also the riding position is set back about 50mm and the clearance with the steering wheel is taken widely and it is designed to be easier to control the front board.

◾️Changing to New steering tube size and parts
The steering tube size and headsets style be changes. The headsets will be upgraded to internal head parts (Press-fit type) from 2020 years model. Because, It contributes to weight reduction by making the tube thin by expanding the head tube (Φ 50). The durability of the headset itself has been improved and we have gained the dual benefit of ensuring smoother rotation while preventing steering wheel deflection.