’15/16モデルのフレームあれこれ

名称未設定 1先日’15/16最終製品サンプルフレームの画像をアップしましたが、今日は具体的にどこがどう変わるのかについて、もう少し詳しくご案内致します。今回’15/16モデルの開発コンセプトは「Slim & Light」!いかに高剛性を維持向上しながら軽量化できるかの研究と強度テストを、The dayの生みの親でもあるボードシェイパー「TaQ Inoue氏」にも協力頂き、弊社クルーやサポートライダーが昨年末から繰り返し行ってきました。その結果’15/16モデルとしては、2タイプのフレームをリリースする予定です。
まずスタンダード(画像/上)タイプのフレームは、MARVELOUS(マーベラス)、XTREME(エクストリーム)、EDGE(エッジ)の3モデルに設定されます。そしてNewフレームの重量としては、個体差にもよりますがトータルで5,675g(ボード除く)くらいなります。具体的には、フレームの骨格ともいうべきダウンチューブをΦ32に変更。それに合わせトップチューブもΦ38にサイズダウンして全体的にスリム化したフレームになります。また、スノーモトの特徴の一つでもあるボードトラックは、パウダーや非圧雪バーンで安定した滑りを実現するため10mmローダウン。フレーム幅(280mm)はダウンチューブが細くなった分、デッキプレートを広げドット型の肉抜きに変更しました。そしてフォークは、シーズンを通し強度テストを行ってきた1ピースのCNCアルミコラムに変更されます。さらに、シートブームにも肉抜きを追加して軽量化しました。

次にショートフレームはスタンダードフレームの軽量化に加え、リアパイプが大胆にカットされています。お陰で重量的にはスタンダードフレームよりさらに軽い5,505g(ボード除く)になりました。今回リリースするショートフレームは、MARVELOUS(マーベラス)、XTREME(エクストリーム)の2モデルのみの限定販売となります。その理由としては、両モデルともパウダー(深雪)を滑ることをコンセプトに開発されたモデルで、装着するボードも他のボードに比べ、長くて幅が広く重量もそれなりに重いことから、少しでも軽いフレームで極上のパウダースノーを楽しんで頂けるよう作ってみました。またBCライディグでは少しでも軽くしたいので、シートブームを外すことにより4kg台のフレームなります。名称未設定 2

追記
関東エリアのショップさんではすでにイベントやお客様を同行して試乗されていますが、来週以降北海道でもノースポイントさんが’15/16SNOWMOTO(スタンダード・ショート両モデル)を試乗する予定です。ボードはThe day POWDER MASTER、New ALL DAY、New EDGEを用意しています。詳しい情報につきましては、ノースポイントさんまでお問い合わせ下さい!