もうこんな季節に!?

IMG_01360
ついこの間12/13ウインターシーズンが終わったばかりですが、そろそろと言うのかようやくと言っていいのか、13/14シーズンのスノーモトNewボードのサンプルが出来上がってきました。
今回のサンプルはボードに使うコア材の変更に伴うフレックス確認と、トップシートのグラフィックプリントやつき板仕様にした場合の仕上がり具合のチェックがメインです。ボードはプリントにしてもつき板にしても、色々な表現方法と問題があるため、繰り返しサンプルボードで試してみてから製品化する計画です。

IMG_0137
そんな中、このボードのトップシートは多分スノーバイク初のリアルバンブーを使ってみました。出来上がりはご覧の通り中々GOODです。もちろん見た目だけはなく、コア材にもポプラにバンブーをミックスし、ボード自体の撓りをアップさせています。
IMG_0141
こっちのボードはどこかで見かけたロゴマークですが、ソール側のロゴはプリントではなくダイカットによる表現をしてみました。ソールの素材はP-TEX4000(シンタード)でハイスピードでの滑走が楽しめます。(但し、皆さんの手入れ次第ですが)それにしても見慣れない形の太っとそうなボードですが??実は昨年末からシェイパー井上氏が密かに開発を進めていた「The dayフライングフィフィッシュ」に続くニューボードです。ボードスペック等の詳細については次回ご案内しますが、少しだけお知らせすると、これもスノーバイク初のS字キャンバーを採用したマルチプルボードです。商品名は只今シェイパーが検討中)
IMG_0142
最後が昨シーズンリリースした「The day14フライングフィッシュ」です。14フライングフィッシュはすでに多くのユーザーに試乗頂きました。スペックについては13モデルの継続モデルと言うことでご案内していましたが、ここで改めてご案内するとソール材、コア材、サイドウォールが13モデルよりグレードアップして再デビューです。
まずはソール材がIS4400からP-TEX4000(シンタード)にグレードアップ。圧雪バーンではハイスピードランがお楽しみ頂けます。そして、コア材にはフロントボードにポプラ、リアボードはポプラ&バンブーのミックスを使用。それによりフロントボードは柔らかく、リアボードは少し固めにすることでボードのばたつきや突き上げを軽減させる狙いがあります。さらにサイドウォールには従来のABS樹脂から画像のようにリアルバンブーを使用。(リアルバンブーを使うことでお手入れが少しだけ大変になりますが)等々、再デビューまでにさらにブラッシュアップして行きますよ。
と、言うことで次回は各ボードのコンセプトやスペックなど詳しくご案内致します。では御機嫌よう!